そまりきゃっとべいびーず

ダーツ、スロ、レザークラフト、一眼レフ、猫を愛する三十路男の徒然記

帰ってきた愛機

kamera3.jpg


二週間ほど前に撮影した際、全く光が取り込めず
修理に出していたK-30が帰ってきました。

原因は、絞り制御機構の動作不具合。

この機種ではよくあるトラブルらしく、
事前にネットで調べた通りの修理内容で
費用は2万弱でした。うーむ。



名機とは言え、現行機からは2代?3代?前となるK-30。
そこに2万注ぎ込むくらいなら、レンズはそのままに


fdfdfd (1)

機能性も画質も段違いと言われる後継機種に
シフトするのも十分アリなのですが、
この青の色味と賛否の別れるデザインが好きで
どうしても手放す気になれず。。。

迷うこと無く修理に出してしまいました(笑)

まだ傷一つついてないし、大破でもさせない限り
こいつで腕を磨いていこうと思います☆



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する