そまりきゃっとべいびーず

ダーツ、スロ、レザークラフト、一眼レフ、猫を愛する三十路男の徒然記

黙祷

小林麻央さんがお亡くなりになりました。

お二人のことは特に好きでも嫌いでもなく
テレビで入院だ退院だとやっていても
そうなんだーくらいにしか思っていなかったのですが、
今日たまたま海老蔵さんの会見をテレビで見て
やはりいたたまれない気持ちになりました。

アラフォーという言葉が似合う年頃を迎え、
これまでに親しい人を何度か見送ってきましたが、
その人達がその瞬間を迎えるまでどんな人生を送り
どんな事を思って旅立っていったのか?
本当の根っこの部分は当人にしか分からないし
周りは一生懸命推測するしかない。

だからこそ、こんなことを言うのは不謹慎なのでしょうけど、
一番最期に愛の言葉をプレゼントされた海老蔵さんは
本当に幸せ者だと思います。
それを伝えることが出来た真央さんも。

でも・・・

そんな理屈が全て吹っ飛んでしまうくらい
大切な人が居なくなるのは本当に本当に寂しいこと。

自分はまだまだ生きていかなきゃいけないし
幸い相方さんも元気です。ピンピンしてます。
でもその瞬間は必ず来る。
今際の際に相方さんから、本当に幸せだったよ、と
その言葉を貰う為に自分は生きているんだということ
いつまでも忘れずにいようと思います。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。




スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する